お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > 香典のお札の入れ方について|マナー違反にならないための正しい知識

お役立ちコラム

香典のお札の入れ方について|マナー違反にならないための正しい知識

お通夜や告別式などで必須となる「香典」ですが、お札の正しい入れ方を知らない方は意外にも少なくありません。
お札の入れ方を誤ってしまうと、マナー違反となってしまい、遺族に不快な気持ちをさせてしまいます。
そこで、今回は香典のお札の入れ方について詳しくご紹介します。

香典のお札の入れ方

さっそく、香典のお札の入れ方について解説します。
香典のお札の入れ方について、不安がある方はここからの内容を参考にしてみてください。

新札はNG

香典のお札を入れるにあたり、注意しなければならないのは「新札はNG」というものです。
新札を包んでしまうと「不幸を予期して準備していた」と判断されることがあります。思わぬ誤解を招くこともあるため、新札ではなく「使った跡のあるお札」を入れるようにしましょう。

傷みの激しいお札もNG

上記では新札を包むのはNGとして解説しましたが、逆に「傷みの激しいお札」も控えましょう。
例えば「ボロボロになっている」「所々が破れている」「クシャクシャになっている」といったお札は、受け取った遺族も良い気分になるものではありません。
多少の折り目がある程度のお札を選び、香典袋に包んでください。

お札の向きは表が上になるように

香典のお札を包む際、向きは中袋を開けたときにお札の表が上になっているように包むのがマナーです。
また、お札を2枚以上入れる場合、それぞれのお札の向きがバラバラにならないよう、しっかりと揃えてから包みましょう。
お札の向きをバラバラにして包んでしまうと、受け取った遺族が金額の確認に手間取ってしまいます。

金額は関係性に合わせて決定する

香典で包む金額は、故人との関係性に合わせて決定します。
一般的に、関係性が近いほど包む金額も高額になりますので、「親」「姉妹兄弟」の場合は高額になる傾向にあり、友人や職場関係などであれば金額が低くなります。

香典袋のマナー

香典のお札を入れるにあたり、使用する「香典袋」にもいくつかマナーがあります。
ここからは、香典袋のマナーについて詳しく解説します。

包む金額に合わせて香典袋を選ぶ

香典袋は、包む金額に合わせて選ばなければなりません。
一口に香典袋といっても様々な種類があり、「袋に水引がプリントされたもの」「高級感のあるもの」など、グレードが異なります。
包む金額が高額である場合は、なるべく高級和紙を使用したような高級感のある香典袋を選びましょう。

中袋に名前を記入する

お札を包む際には、中袋に名前を記入するのを忘れないようにしましょう。
名前がないと、誰からの香典なのかが遺族には分かりません。また、名前の他「住所」「包んだ金額」なども記載しておくと親切です。

表書きは宗教や宗派に合わせる

香典袋の表書きは、宗教や宗派に合わせて書くのがマナーです。
具体的には、仏式の場合が「御霊前」「御仏前」「御香典」、神式の場合が「御玉串料」「御榊料」となります。また、キリスト教では「御花料」となりますが、宗教や宗派が不明な場合は「御霊前」でも問題はありません。

香典を渡すときのマナー

香典は、告別式もしくはお通夜のいずれかで渡すのが一般的です。なお、告別式もお通夜も参列する場合は、告別式に香典を手渡しましょう。
また、郵送で香典を送る際には、葬儀終了後1か月以内に送らなければなりません。あまり遅すぎると、マナー違反となってしまうため注意しましょう。

正しい香典のお札の入れ方を知っておこう

このページでは、正しい香典のお札の入れ方について詳しく解説しました。
告別式やお通夜への参列経験が少ない場合、香典のお札はどのように入れれば良いのか悩んでしまうものです。
今回ご紹介した内容を参考にしながら、間違いのないよう丁寧に香典を包みましょう。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ