お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > お通夜のマナーって?服装や香典、流れについて詳しく解説

お役立ちコラム

お通夜のマナーって?服装や香典、流れについて詳しく解説

お通夜に参列することになったものの、どのような服装が適切なのか分からない…と頭を抱える方は少なくありません。
特に、今までお通夜やお葬式の参列経験が少なかった場合は、当然のことといえます。
そこで、今回はお通夜の服装マナーや香典マナーについて解説します。また、お通夜の流れについても触れますので、参考にしてみてください。

お通夜の服装マナー

お通夜に参列する際、服装は「喪服」が一般的です。
ただし、一口に「喪服」といっても、正喪服・準喪服・略喪服がありますので注意してください。お通夜で適切な喪服は「準喪服」の着用がマナーとなります。
とはいえ、場合によっては「仕事帰りにお通夜に参列する」「別件の用事を済ませてからお通夜に行く」といった方もいらっしゃるでしょう。もし、喪服に着替える時間が無いようであれば「暗く落ち着いた色の服装」「肌の露出が少ない服装」でもマナー違反になりません。
事情によって喪服が着用できない場合は、上記の服装を参考にしてみてください。

お通夜の香典マナー

お通夜で香典を渡すときの金額は「故人との関係性」によって異なります。
例えば、親しい間柄であったり、親族であったりする場合は、相場よりもやや高めの金額を包む必要があります。一方「知人」「顔見知り」「近所に住んでいる」など、そこまで深い関係でなければ、包む金額は安価で問題ありません。
また、香典を包む際「不祝儀袋」の選び方にもマナーがあります。不祝儀袋は、包む金額によって適切なものが異なるため注意が必要です。
具体的な選び方については、下記をご参考ください。


・1,000~5,000円 袋に水引が印刷されている不祝儀袋
・5,000円~20,000円 黒白の水引となっている不祝儀袋
・30,000円~50,000円 品質の良い和紙に双銀の水引となった不祝儀袋
・50,000円~100,000円 高級和紙に双銀の豪華な水引となっている不祝儀袋


包む金額によって、不祝儀袋のグレードが異なります。
仮に、包む金額が5,000円であるにも関わらず、高級和紙を使用した不祝儀袋を使用してしまうと、マナー違反となってしまうため注意しましょう。

お通夜の流れ

お通夜に参列する前に、ある程度流れを把握しておくと、混乱せずに余裕を持って故人との別れの時間を持つことができます。
どのような流れでお通夜が執り行われるのか、下記で解説します。

受付


遅刻しないよう斎場に向かい、到着したらまずは受付を行います。
基本的に、係員が誘導してくれるため迷うことはありません。受付ではお悔やみの言葉を述べて、香典を手渡しましょう。ただし、カバンから香典を取り出すのはNGです。必ず袱紗から取り出し、両手で香典を手渡しましょう。

お通夜


参列者全員が着席し、僧侶が読経を行います。参列者は順番に焼香を行いますが、焼香前後で遺族に一礼してください。終わったら再度着席します。ちなみに、焼香中は数珠を左手に持つのが一般的です。
焼香後は、僧侶による「法話」を聞きます。僧侶が退場したら、喪主が挨拶を行います。

通夜振る舞い


お通夜が終わった後、通夜振る舞いとして会食を行います。
故人の思い出話などを語りながら、用意された食事をいただいてください。なお、通夜振る舞いへの参加は必須ではありませんので、特に遺族からお声がけが無かったら欠席してもマナー違反にはなりません。

お通夜はしっかりとマナーを守りましょう

お通夜は個人を弔う大切な場面です。マナー違反となってしまうと、遺族が不快な思いをしてしまいますし、故人を弔う気持ちを疑われることにもなってしまいます。
お通夜に参列する際には、必ずマナーを理解したうえで参列しましょう。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ