お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > 年金受給者の死亡後はどうする?必要な手続きについて詳しく解説

お役立ちコラム

年金受給者の死亡後はどうする?必要な手続きについて詳しく解説

年金受給者が死亡後、様々な手続きが必要となりますが、そのうちの一つが「年金に関する手続き」です。
手続きの内容が複雑ですし、必要書類が多いことから、「どうしたらいいの…」と不安を感じてしまう方が少なくありません。
そこで、今回は年金受給者の死亡後に必要な手続きについて解説します。

年金受給者の死亡後の手続きとは

年金受給者の死亡後、必要となる手続きは次の3つです。

・遺族基礎年金
・遺族厚生年金
・寡婦年金

それぞれ、世帯構成や一定の条件を満たした場合などによって、一定の年金が支払われます。
一律で支払われるものや、死亡した年金加入者の年収によって支払い額が変動するものなどがありますので、具体的にどれくらいの金額が支払われるのかは家庭によって異なります。

また、上記の年金には該当しないものの、遺族が受け取れるお金として「死亡一時金」といったものもありますので、手続き漏れのないよう注意しましょう。

手続きで必要な書類

手続きの際、いくつか必要な書類があります。
数が多いため、不備のないよう下記の内容を参考にしながら準備を進めてください。

・死亡届
・死体火埋葬許可申請
・住民票の抹消届
・介護保険資格喪失届
・世帯主の変更届

上記1つでも提出を忘れてしまうと、年金の受け取りができなくなってしまう可能性がありますし、後々トラブルに陥ってしまうこともあります。
特に、「住民票抹消届」「介護保険資格損失届」などは、他の書類と比べると忘れやすいので注意が必要です。

手続きに関する注意点

年金受給者の死亡後、必要な手続きを行うにあたり注意点があります。
具体的にどのような注意点があるのか、見ていきましょう。

年金受給者死亡後に年金を受け取ったら返還する

手続きのタイミングや、役所のミスなどによって、年金受給者死亡後に年金が支払われてしまうことがあります。
支払われた遺族としては、思わぬ収入と感じるかもしれませんが、死亡後に支払われた年金は返還しなければなりません。
また、年金は受給停止の手続きを行わないと、支払われ続けてしまいますので、必ず手続きを忘れないようにしましょう。

不明点は「ねんきんダイヤル」に相談する

手続きに関する不明点がある場合は、「ねんきんダイヤル」に相談をしましょう。
わざわざ役所などへ足を運ぶ必要がなく、電話一本で疑問を解消できます。
役所のように「待ち時間が長い」といった不便もありませんので、忙しい方にねんきんダイヤルの活用はおすすめです。

年金受給者死亡後の手続きのポイント

年金受給者死亡後の手続きをスムーズに進めるためのポイントは、下記の通りです。

・手続きに必要な書類はあらかじめまとめておく
・手続きや必要書類は家族にも把握してもらう
・代理人に依頼する場合は「委任状」を準備する

年金受給者が死亡した後の手続きは、非常に多く、そのうえ複雑です。
しかし、上記の項目を意識することで、滞りなく手続きを進めやすくなりますので、初めての方でもスムーズに手続きができるでしょう。

年金受給者の死亡後は適切な手続きを

年金受給者が死亡後は、適切な手続きを行わなければなりません。
手続きの数が多いため、忘れてしまったり、書類に不備があったりするケースは珍しくありませんが、何度も役所に足を運ぶはめになってしまい、時間や手間が増えてしまうものです。

現在、初めての手続きに戸惑っている方は、本ページを参考にしながら、必要書類の準備から初めてみてください。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ