お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > 家族葬では会社への連絡はどうする?伝えておくべき内容と会社側の対応

お役立ちコラム

家族葬では会社への連絡はどうする?伝えておくべき内容と会社側の対応

家族葬を行うにあたり、気になるのが「勤務先の会社への連絡」ではないでしょうか。
一般的な葬儀ではないため、連絡は不要では…と思うものの、マナー的には何が正しいのか気になりますよね。
そこで、今回は家族葬では会社への連絡をどうするのが正しいのか解説します。
また、会社側の対応についても紹介しますので、担当者の方も参考にしてみてください。

家族葬であっても会社への連絡マナー

結論からいうと、家族葬であっても会社への連絡は必要です。
なぜなら、会社側に一切の連絡がない場合、職場が混乱してしまう可能性があるからです。
まずは、家族葬における会社への連絡マナーについて解説します。

「家族葬を行う」という要旨は連絡すべき

家族葬を行う場合は、働いている会社に「家族葬を行う」といった要旨の連絡をすべきです。
訃報の連絡だけしておき、葬儀に関する情報共有がされないままでは、会社側も対応に困ってしまいます。
また、家族葬の連絡を受けても、会社側は「参列すべきか否か」についても悩んでしまいますので、家族葬への参列の可否についても知らせておきましょう。

「直属の上司」「職場関係者」にも改めて連絡すべき

会社に家族葬を執り行うことを連絡した後、改めて「直属の上司」「職場関係者」にも連絡しましょう。
会社の業務に支障が生じてしまうことがありますので、関係が近い同僚にしっかりと伝えておく必要があります。
また、同時に献花や香典は不要、といったことも伝えておきましょう。

連絡は「メール」「電話」両方で

家族葬における会社への連絡については、「電話」「メール」両方で伝えることが大切です。
必ずしも「電話だけで伝える」といった点がマナー違反とは限りませんが、電話だけではお互いに誤解が生じてしまう場合があります。
きちんと文で残しておくことで、お互いに認識のズレがなくなりますので、電話の後に改めてメールで連絡するようにしましょう。

家族葬で会社に連絡すべき内容

家族葬における会社への連絡で、伝えるべき内容は下記の通りです。

・家族葬を行うこと
・故人との関係性(関係性によって忌引き日数が異なるため)
・香典や献花、弔問が不要という要旨

家族葬で会社に連絡すべき内容は上記の3つです。
それぞれ明確にしておけば、会社側が「どう対応すべきか」と悩まなくて済むうえに、必要なもの・不要なものが明確になり、その後の必要に応じて対応しやすくなります。

家族葬を行う遺族に対する「会社側」の対応

社員が家族葬を行う、となった場合は「会社側」はどのように対応すればよいのでしょうか。
まず必要となるのが「参列は控える」というものです。
親しい間柄であれば、たとえ家族葬であっても参列してあげたいと感じるかもしれません。

しかし、迷惑になってしまう可能性がありますので好ましくありません。
どうしても、参列したい場合は大人数で参列するのは避け「代表者一人」に絞って参列しましょう。
また、社内で「社員が家族葬を行う」という要旨を通知し、全員で情報共有しておくことも大切です。
献花や香典などについては、遺族から「辞退」などの申し出がないか確認し、必要に応じて対応しましょう。

家族葬の連絡・対応はマナーを守りましょう

家族葬を行う場合であっても、会社への連絡は必須です。
特に、故人との関係性が近い場合は、その分忌引きの日数が長引きますので、会社の混乱を避けるためにも、必ず伝えておくべきです。
今回ご紹介した内容を参考にしながら、会社に伝えるべき内容を連絡しましょう。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ