お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > お悔やみを手紙で伝えるには?正しい送り方・書き方について

お役立ちコラム

お悔やみを手紙で伝えるには?正しい送り方・書き方について

お悔やみを手紙で伝えるにはどうしたらいいの?といった疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか? 特に、手紙でお悔やみを伝えるのが初めての方の場合、送り方や書き方について、疑問を感じるのは当然のことでしょう。
そこで、今回はお悔やみを手紙で伝えるにあたり、正しい送り方・書き方について解説します。

お悔やみの手紙を送るときのマナー

お悔やみの手紙を送るにあたり、いくつか知っておくべきマナーがあります。
まずは、失礼にならないための、お悔やみの手紙のマナーを見ていきましょう。

便箋や封筒は質素なデザインを選ぶ

お悔やみの手紙を送るときの便箋や封筒は、必ず「質素なデザイン」のものを選びましょう。
人が亡くなるという場面において、華やかなデザインや派手なデザインなどはマナー違反です。
なるべくシンプルなものをチョイスするようにしましょう。
可能であれば、白の無地の便箋、封筒を用意するのが無難です。

連絡を受けたら早めに送る

訃報の連絡を受けたら、なるべく早めにお悔やみの手紙を送ることがマナーです。
連絡を受けてから時間が経過しすぎると、「お悔やみの気持ち」が相手に伝わりません。
特に、故人や遺族との関係が深かった場合、不信感を抱かれる原因となり、今後の関係性にも影響する場合があります。
訃報の連絡を受けたら、数日中を目安にお悔やみの手紙を送ってください。

お悔やみの手紙を書くときの注意点

お悔やみの手紙を書くときには、マナーを守ったうえで書く必要があります。
初めての方は、お悔やみの手紙を書く前に、次の内容をチェックしてください。

手紙でお悔やみを伝える理由を書く

手紙でお悔やみを伝える場合は「なぜ手紙なのか」を述べる必要があります。
本来、お悔やみというのは直接会って伝えるものであり、手紙という手段はそもそも一般的ではありません。
もちろん、事細かく詳細を書く必要はありませんが、「仕事が忙しい」「家庭の都合」など、一言理由を添えておくことが大切です。

前置きは不要

一般的な手紙とは異なり、「お悔やみの手紙」ですので、季節に合わせた挨拶などは不要です。
最初から「お悔やみを伝える」といった点を伝えるのがマナーですので、長々と挨拶や頭語などを含めないようにしましょう。

遺族への気遣いのメッセージを添える

手紙でお悔やみを伝える際には、文面で「遺族への気遣い」を表すことも大切です。
遺族は、大切な家族を失い、悲しみに暮れている中様々な対応に追われている中にあります。
必要以上に悲しみを煽るような文面は避け、「体調を気遣う文」「精神面を気遣う文」などを取り入れるようにしましょう。

お悔やみの手紙の書き方

お悔やみの手紙の正しい書き方について解説します。
まず、使用するのは「薄墨」の筆です。
もしくはボールペンや万年筆でも問題ありませんが、色は「黒」もしくは「青」を選びましょう。
手紙の構成は大きく3つに分け「主分」「末文」「後付け」の流れで書きます。
具体的には下記の流れで手紙を作成します。

・「お悔やみ」を述べる
・遺族への気遣いを述べる
・弔問欠席についてお詫びの気持ちを述べる
・結び

また、最後に「日付」「差出人」「宛名」を書きます。

お悔やみの手紙の送り方・書き方を理解しましょう

お悔やみの手紙を初めて書く方にとって、正しい送り方や書き方については、疑問を感じてしまうものです。
今回、具体的な書き方などについて、詳しくご紹介しましたので、何を書けばいいのか分からない…と悩んでいる方は、参考にしてみてください。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ