お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > 家族葬の案内について正しい連絡方法やマナーを解説

お役立ちコラム

家族葬の案内について正しい連絡方法やマナーを解説

「家族葬の案内はどうしたらいいのだろう?」「マナー違反にならない連絡方法ってなに?」など、家族葬の案内について疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?
家族葬は一般的な葬儀とは異なり、やや特殊な葬儀の形式です。実際、参列できない方も多くなることから、しっかりと正しい連絡方法で葬儀の案内をしなければなりません。
そこで、今回は家族葬の案内に関する連絡方法やマナーについてご紹介します。

家族葬の案内に関する正しい連絡方法

家族葬の案内に関する連絡方法は、大きく2つあります。それが「参列をお願いする方向け」と「参列を辞退いただく方宛て」です。
まずは、それぞれへの正しい連絡方法についてご紹介します。

参列をお願いする方宛ての連絡方法

参列をお願いする方宛ての連絡方法は、「電話連絡」が好ましいです。
ハガキで参列をお願いする要旨を連絡するのも一般的ですが、状況によってはハガキを確認するまでに時間がかかったり、そもそも何らかの事情で手元に届かなかったりして、家族葬に間に合わなくなってしまう可能性があります。
また、近くに住んでいる場合は、電話ではなく会って直接伝えたり、家族葬の日時をメモして手渡したりすることも可能です。
「なるべく早く情報を共有する」ということを心がけてください。

参列を辞退いただく方宛ての連絡方法

参列を辞退いただく方に向けて連絡をする場合は、ハガキや手紙などで問題ありません。
また、事前に「家族葬を予定している」といった要旨を伝えておくことで、改めて参列の辞退をお願いする連絡も必要なくなります。
家族が亡くなると、バタバタと慌ただしくなるため、事前に伝えておくことがおすすめです。また、連絡をする際には香典や弔問、供花、供物などをお断りすることも忘れてはいけません。


家族葬の案内に関するマナー

家族葬の案内をするにあたり、気を付けるべきマナーがいくつかあります。
具体的なマナーについては、次を見ていきましょう。

「家族葬の事後報告」はNG

家族葬を行うことを事前に知らせず、「家族葬を執り行いました」と事後報告するのはNGです。
親族や知人の中には、「最後に一度会いたかった」という方もいらっしゃる可能性があり、トラブルの原因となってしまいます。
家族葬が決定したら、参列しない方にもしっかり連絡を入れましょう。

家族葬後の通知も行う

家族葬の後にも通知を行う必要があります。
葬儀終了後2週間以内を目安に、「家族葬が終わったこと」「葬儀に呼ばなかったことに関するお詫び」などを書きます。

参列のお願いは電話+手紙(ハガキ)が親切

参列をお願いする方には、電話での連絡が好ましいものですが、それに加えて手紙やハガキで追って連絡をするのもおすすめです。
電話での口頭の場合、「聞き間違い」「言い間違い」「勘違い」などのトラブルで、正確な連絡」が好情報共有ができていない場合があります。
家族葬の日時を記した手紙やハガキを送っておくことで、双方の誤解がなくなり、安心です。

通知で使うものは「薄墨」もしくは「ブルーブラックのペン」

通知で使う筆記具は、薄墨の筆もしくはブルーブラックのペンです。それ以外の筆記具はマナー違反となるため注意してください。
また、通知の際は「縦書き」「句読点は使わない」という点を意識して文章を書くことが大切です。


家族葬の案内は正しい連絡方法とマナーを守って

家族葬の案内をする際には、正しい連絡方法を実施し、マナーを守ることが大切です。
とくに、家族葬が初めての方の場合は、本ページを参考にしながら、周囲の方に失礼のないよう務めてください。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ