お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > お花代っていくらくらい?具体的な相場や包み方について

お役立ちコラム

お花代っていくらくらい?具体的な相場や包み方について

お花代の相場や、お花代の包み方についてご存じですか?
意外にもお花代の相場や包み方について正しく知っている方は少なく、直前になって慌ててしまう方が非常に多いです。
お花代の相場や包み方を正しく把握しておかないと、マナー違反になってしまうため注意が必要です。本ページでは、具体的なお花代の相場や、正しい包み方について解説します。

お花代とは

お花代には、大きく2つの意味があります。

供花の生花代として包む

まず挙げられるのが「供花の生花代として包む」というものです。供花を注文した場合に包むお金であり、場合によっては必要がないケースもあります。
また、参列者の場合は、葬儀への参列時に包むお金で、生花代としてお金を包みます。

香典として包む

お花代は、上述した「生花代」のほかにも、香典の役割を持つこともあります。
香典の代わりとしてお花代を包むのです。ただし、香典とお花代はそれぞれ別で渡すのが一般的であるため、「お花代のみ」ではマナー違反になってしまうことがあります。

お花代の相場は?

お花代を包むにあたり、気になるのが費用の相場ではないでしょうか。
ここからは、お花代の相場についてご紹介します。

香典・お花代をそれぞれ用意する場合は1万5,000円が相場

香典のほかに「お花代」として渡す場合は、包む金額は1万5,000円が相場です。
とはいえ、お花のタイプによって若干金額が異なり、「花籠」であれば7,000~1万6,000円、生花の供花であれば2万円前後が相場となっています。
上記を参考にしたうえで、必要なお金をイメージしてみてください。

香典の代わりの場合は「通常の香典」と同じ金額

香典の代わりにお花代として渡す場合は、通常の香典と同じ金額を包めば問題ありません。
香典は故人や遺族との関係性で相場が異なるため、まずは自身の香典の金額を把握する必要があります。
主な相場は次を参考にしてみましょう。

・友人、知人の場合 5,000~1万円
・職場関係の場合  5,000~1万円
・親族の場合    2~3万円
・近親者の場合   5~10万円

間柄が近くなればなるほど香典の相場が高くなります。
自身がどの関係性に該当するかを確認し、適切な金額を把握しておきましょう。

お花代の包み方は?

お花代の相場を正しく把握しても、包み方についても知っておかなければなりません。
お花代の包み方について見ていきましょう。

表書きは「御花代」

お花代を包む際、表書きは「御花代」とするのが一般的です。また、「御花料」であっても問題ないとされています。
また、キリスト教や神道には香典がないため「御花代」として渡すのがマナーです。

連名は右から

お花代を連名で包む場合は、上席を一番右側に書き、左に向かって順番に名前を記入します。
ただし、人数が多い場合は一人一人の個人名を書かずに、部署名や○○一同、代表といった記載にすることをおすすめします。

墨の種類

お花代で使用する墨は「薄墨」を使用しましょう。
これは、お花代に限らず、香典なども四十九日までは薄墨で書くのが一般的です。

お花代の相場と包み方を知ろう!

今回は、お花代の相場と包み方について解説しました。
お花代は遺族に対して「弔う気持ち」を示すものです。マナー違反になってしまうと、せっかくの「気持ち」が台無しになってしまうことも考えられます。
まずは、お花代の正しい相場や包み方について把握し、適した対応を意識することが大切です。
ぜひ、今回のページを参考にしながら、お花代を正しく包みましょう。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ