お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > 高額な追加費用を請求されないためには?葬儀見積もりの正しい取り方

お役立ちコラム

高額な追加費用を請求されないためには?葬儀見積もりの正しい取り方

「葬儀見積もりを取りたいけれど高額な追加費用が不安…」といった不安を抱えている方はいらっしゃいませんか?
葬儀業者に見積もりの作成を依頼するにあたって、最も気になるのが「費用面」の問題であるもの。高額な追加費用を請求されるケースもあることから、正しい取り方を把握しておくことは重要です。
そこで、今回は高額な追加費用を請求されないための、葬儀見積もりの取り方について解説します。

葬儀見積もりの主な項目

葬儀見積もりには様々な項目ごとに費用が記述されていますが、「本当に必要なのか」「不足しているものはないか」などをよく分かっていない方が少なくありません。
まずは、葬儀で必要となるサービスや物品などについて把握しておきましょう。

葬儀に直接関係する費用

まず、重要となるのが「葬儀に直接関連する費用」です。
見積もりの項目では「葬儀一式」として記述されるのが一般的で、葬儀に必要なサービスや物品がトータルでセットになっています。
葬儀一式の主な内容は次の通りです。

・祭壇や棺、遺影など
・霊柩車やハイヤーなどの車両
・斎場、式場の使用料
・火葬の費用

一般的な葬儀の他、家族葬の場合も上記のサービスや物品が必要となります。尚、直葬の場合は祭壇が不要であったり、斎場を押さえる必要が無いため、必要に応じて項目が省かれます。

会食関連の費用

通夜や告別式、火葬時などの会食や軽食も必要となります。
通夜の場合は「通夜振る舞い」、告別式は「精進落とし」、その他返礼品や令状なども会食関連の費用に合計され、「接待交際費」として計上されます。
ただし、家族葬や直葬など会食が不要な場合は、その分の費用がカットされたうえで計上となります。

寺院の費用

寺院の費用は「お布施」「御膳料」などとして必要なお金です。
明確な設定金額がなく、相場も上下差が大きいため、依頼先によって異なるのが現状です。いくつか葬儀業者を比較したうえで、検討してみることをおすすめします。

葬儀見積もりで「高額な追加費用」を請求されない取り方

葬儀見積もりで、高額な追加費用を請求されない取り方について見ていきましょう。

内容は細かい部分までチェック

葬儀見積もりの内容は、細かい部分までチェックしましょう。
ついつい見逃してしまいがちな、「安価な費用項目」も目を通すことが大切。後日追加を依頼することにならないよう、事前に確認しておいてください。

不明確な項目に注目する

「雑費」「その他」など、稀に不明確な項目名で費用が計上されていることがあります。この場合は、「何が計上されているのか」をきちんと問い合わせておくことが大切。
後々金銭トラブルに発展する恐れもあるため、不明確なものはあらかじめ明確にしたうえで依頼を検討しましょう。

複数の葬儀業者に相談・比較する

もし、時間に余裕があれば、複数の葬儀業者に相談・比較をしましょう。
業者によって料金は大きく異なるのはもちろんのこと、誠実さやサービス品質の高さなどにも差があります。複数の業者の見積もりを比較することによって、自身に合った葬儀業者選びもしやすくなるでしょう。

葬儀見積もりの正しい取り方を知っておこう

高額な追加費用の請求を回避するためには、葬儀見積もりの正しい取り方について把握しておくことが大切です。
ぜひ、本ページを参考にしながら、見積もりを作成したうえで、信頼できる葬儀業者への依頼を検討してみてください。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ