お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > 葬儀の「精進落とし」の意味とは?マナーについても詳しく解説

お役立ちコラム

葬儀の「精進落とし」の意味とは?マナーについても詳しく解説

葬儀の際にふるまわれる「精進落とし」をご存知ですか?
精進落としは、参列者へのおもてなしの一つで、様々な意味が込められたお料理ですが、現代はこうした意味合いについて正しく把握している方が少ないもの。中には、誤った認識で精進落としをふるまっている方もいらっしゃいます。
そこで、今回は「精進落とし」の意味やマナーについて解説。葬儀で恥をかかないためにも、きちんと把握しておきましょう。

葬儀の「精進落とし」の意味とは

精進落としとは、葬儀の後にふるまわれる精進料理のことです。
昔は、親族が亡くなると肉や魚を断って「植物性」の食品を使って日本料理がふるまわれていました。これは、仏教の思想に基づいて実施されていたことで、四十九日の忌明けに「精進落とし」として普段通りの食事に戻すのが一般的でした。
現代でもこうした考え方は残っていますが、かつての思想は薄れているのが事実。現在の精進落としは、昔とは違い「宴席」として考えられるようになり、精進落としのメニューにも魚や肉が使われていることがほとんどです。
とはいえ、実際にふるまわれる料理のメニューは、親族の希望や葬儀社などによって異なるものの、一般的には「和食」がメインとなっています。

「通夜ぶるまい」との違い

精進落とし同様に、食事でおもてなしをする「通夜ぶるまい」。これは、通夜の後にふるまわれる料理のことで、弔問客への感謝を表しており、故人との思い出を語り合うことが目的とされています。
料理の内容は、現代では大皿料理が一般的。しっかりと食事をするというよりは、料理に少し口をつける程度で済ませることが多いです。

葬儀の「精進落とし」のマナー

葬儀における「精進落とし」には様々なマナーがあります。ここからは、把握しておくべきマナーについて解説します。

「お祝いの席でふるまわれる食材」は避ける

精進落としでは、お祝いの席でふるまわれる食材を使用するのは避けましょう。
葬儀は決しておめでたい席ではありません。鯛などのようなお祝いの席でふるまわれる食材を精進落としで使用するのはマナー違反となります。
仮に、葬儀社でそういった料理の提供をしている場合も、可能な限り調整してもらうことがおすすめです。とくに、高齢者の列席者が多い場合は、精進落としのマナー違反を厳しく指摘されることがあるため注意してください。

一人一人の席を回って感謝の気持ちを伝える

精進落としでの食事中は、親族は列席者一人一人の席を回り、感謝の気持ちを伝えましょう。
「来てくれてありがとうございます」「亡くなった母も喜んでいると思います」など、故人及び親族のお礼の気持ちを伝えることが大切。
中には、忙しい中時間を作って参列してくれた方もいらっしゃるため、そういった方への配慮も欠かしてはいけません。

葬儀の「精進落とし」の流れ

葬儀の精進落としは次のような流れで進みます。

1.列席者着席
2.親族代表者挨拶
3.献杯
4.飲食・雑談
5.親族代表挨拶
6.終了

飲食や雑談の時間は長くても2時間程度。長々と行うものではないため、頃合いを見て挨拶を済ませることが大切です。

葬儀の「精進落とし」は大切なおもてなし

葬儀の「精進落とし」には、様々な意味やマナーがあり、きちんと把握しておかなければ列席者に対して失礼になってしまうことがあります。もちろん、親族者側も「非常識」といったレッテルを貼られることになってしまうため注意が必要。
ぜひ、今回の記事を参考にしながら、今一度精進落としへの理解を深めてみてはいかがでしょうか。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ