お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応
ラインのQRコード

LINEよりお気軽に
お問合せご相談下さい

トップページ > お役立ちコラム > 海外との遺体搬送の手続きについて|日本で外国人が亡くなる&家族が海外で亡くなるケース

お役立ちコラム

海外との遺体搬送の手続きについて|日本で外国人が亡くなる&家族が海外で亡くなるケース

あなたは、「外国人が日本で亡くなったら」もしくは「家族が海外で亡くなったら」といった状況で、どのように遺体搬送や手続きを進めれば良いのかご存知ですか?
人は必ずしも、生まれ育った地で亡くなるとは限らないもの。海外旅行や留学、仕事などで海外に滞在している間に死亡してしまうケースは0ではありません。
もし、こうした事態に陥った場合、国内で死亡した場合とは異なる遺体搬送方法・手続きとなります。本記事で、具体的な遺体搬送方法や手続きについて解説します。

外国人の方が日本で亡くなった場合

外国人の方が日本で亡くなった場合は、どのように遺体搬送や手続きを済ませれば良いのでしょうか。

安易な火葬は絶対にNG

まず、絶対に把握しておかなければならないのが「安易に火葬をしてはいけない」ということです。海外に住む遺族が「日本で弔ってほしい」という場合、日本人の一般的な方法である「火葬」の選択を検討する方が少なくありません。
しかし、日本では一般的となっている火葬ですが、海外によっては「宗教的な理由から火葬はNG」とされているケースがあります。
安易に火葬を行わず、遺族に具体的な弔い方を確認しておくことをおすすめします。

外国人が死亡した場合の手続き

外国人が日本で死亡した場合の手続きに関しては、国によって異なるため注意が必要です。自己判断で対応してしまうと、遺族とトラブルになるだけではなく、金銭的な負担となってしまうことがあるため、注意してください。

遺体搬送を行う場合

遺体搬送を行う場合は、まずは「保管場所」に遺体を移す必要があります。
病院では長期間遺体を預かることができないため、まずは保管場所に遺体の保管を依頼してください。そして、遺族の住む国で遺体の受け入れを準備してもらいます。
また、遺体は「貨物扱い」となることから、通関に関する手続きをしなければなりません。同時に航空便の手配も進めることで、スムーズに遺体搬送の手続きを進めることができます。

家族が海外で亡くなった場合

家族が海外で亡くなった場合は、どのように遺体搬送及び手続きを行うのが適切なのでしょうか。

海外で亡くなっても日本で死亡届けを提出

日本人が海外で死亡しても、日本で死亡届けを提出しなければなりません。しかし、死亡届けの手続きを進めるためには、現地の医師から「死亡診断書」を受け取る必要があり、そのうえ和訳したうえで提出する必要があります。
突然の家族の死亡に慌ててしまうことがほとんどですが、まずは「死亡診断書の受け取り」を確認することが大切です。

海外から日本への遺体搬送について

海外から日本に遺体搬送する場合、基本的に専門業者への委託が無難です。
現地での納棺や運送、輸送や安置所への搬送など、対応しなければならない手続きは非常に多く、専門知識を持たない方が1から全て対応するのは難しいのが現状。手続きに時間を取られてしまうと、なかなか家族に会えない…といった事態に陥ってしまうことも考えられるため、海外から日本への遺体搬送は専門業者に委託してください。

外国人・日本人の遺体搬送や手続きは専門業者に

外国人が日本で死亡したり、家族が海外で死亡したりした場合は、専門業者に委託することをおすすめします。
遺体搬送の手続きなどは非常に複雑で、そのうえ数も多いのが事実。スムーズに進められなければ、時間ばかりが経過してしまう可能性があります。
まずは、「大まかな流れ」を上記を参考に把握し、必要に応じて臨機応変に対応しましょう。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ